スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

な~んでなんで

こにゃにゃちは。


大変大変ご無沙汰していた訳である。


日本で起きた地震の後、思うところがありブログが書けなくなったのだが、そのうち書けなくなったが書かなくなったとなり、後は野となれ山となれと言う事でいつも通り放っておいたのだ。


パートの怪しい中国人風おっさんが忙しくなった事も確かなのでただの怠け癖ではない事を主張させていただこう。



更新は前以上に空くであろうことが予想されるが許してくれたまえ。




うちのピッピとポン太も日々成長しておるのでちゃんとした手本となってやらねばいけないにゃ~と思う日々。
しかしそんな事は一瞬こそは思うものの普段はキーキーと大人気なく怒ってしまうのである。


わしは怪しい中国人風ではあるが日本人なので昔から伝えられているキレ台詞()なるものを使う。

例えて言えば「なんで片付けろって言ったのに片付いていないのだーキー
ときれたりする。

「なんでこんな所に靴が転がっているのだキー
「なんで来いと言ったのに来ないのだキー
と、日々数え上げればきりが無い「な~んでなんで」のキレ台詞が飛ぶのである。


しかしうちの子供達わしの言う事はまあまあ理解するものの日本語はションボリ状態なわけで色々と行き違いが生じるのだ。


下のポン太は日本語がほぼ全滅な上にわしの言う事自体聞いていないので何を言われてもいつも通りヘラヘラしておる。

上のピッピはやはり女の子と言うこともあり口は達者だしいちいちうるさい。
そして本当に起きてから寝るまでおしゃべりが止まらない・・・・。
「女っつうのはよ~」と一応生物学的には女に入るわしもつぶやくくらいである。


わしの記憶が正しければ母親が「なんでこんなんなってんのよー」ときれればそれはただ怒られている事だと子供は大体認識するはずだ。少なくともわしはそうであった。


だがうちのピッピに「なんでお前はこうにゃのだーキー」ときれるといつもそれについて返してくるのである。
「なんでかというとほにゃららほにゃららで~」と言う具合に。

会話がなんだか直訳状態なのだ・・・・・。



わしがきれて「なんでさっき宿題終わらせろって言ったのに終わってないのだーキー」と言うと「なんでかと言うとさっきやっていたTVがどうしても観たくて観てからやろうと思っていたからなのよ~ん」などと英語で返してくるのである。

そうするとわしは決まって「んな事聞いてないわー!わしは怒っとんじゃ~キー」と又きれるのである。


しかしピッピは「でもマミィがなんでって聞いたから答えてるんだけど」などと言ってくるではないかキーーーーーーーーじゃかしいわーい

・・・・と言う具合に娘にとってもわけの分からない怪しい中国人風マミィとなってしまうのだ・・・。


わしも怒ってはいるものの「この場合の何でとはだな~」などと説明をしなくてはいけない羽目に・・・。

度々説明をしているにもかかわらずいつもいつもわしの「なんで」について「なんでかというと」と返してくるピッピ。


この場合の「なんで」は限りなく「なんだよまったく~」という事なのに。

わしがとても態度の悪い人と出会ったりして「なんであの人あんなんなんだよー」とぶちぶち言っていると横からピッピが「なんでかと言うとあの人はおそらくほにゃららで~」とその態度の悪い赤の他人につて解説を始めるのである。


目ざとく、いやいや耳ざとくわしの「なんで」を聞きつけるピッピ。
しかもピッピはわしに似て地獄耳なのだ。



毎日必ず「なんでかと言うと」をピッピから聞かなくてはならない。
それは英語で「Because」なのだがもう彼女の口癖になっているようだ。




今日もピッピの「なんでかというと」を聞かされることだろう・・・。

頼むからわしを怒らせんのやめてくれんかな~ちみ~。

わしが怒り方を変えればよいと思ったちみもちろんわしもそれは分かっているのだよ。
しかしそう言ってしまったらわしはず~っとブログを更新できんと言う事になるのだからそっと胸の中にしまっておいてくれたまえ。





     久々ピッピとポン太


何はともあれ子供は元気である。




    





スポンサーサイト

お休み

こにゃにゃちは。

しばらくブログの方をお休みする事にしたのである。

そのうち又くだらないニューヨーク全く役に立たない情報をお届けする予定なので皆様よろしくお願いするのだ。


地震

こにゃにゃちは。

日本の地震本当にショックでした。
ビックリしました。
今も大変な状況です。

亡くなった方のご冥福をお祈りすると共に一刻も早くご家族を探しておられる方々が無事再会できる事を祈っています。

映像も見ました。本当に恐ろしいとしか言いようがありません。
こちらニューヨークでもすぐに色々な活動が行われています。

私のお友達も参加しているチャリティーイベントなどもあります。
ニューヨークにお住まいの方で興味のある方は是非参加してみてください。

私も今自分に出来る事を模索しています。

春手前

こにゃにゃちは。

時が経つのは本当に速いものでまだまだ肌寒いがもう3月なのだにゃ~。

まあ凍りつくような寒さからはやっと開放されて寒いながらも子供達と公園で遊べるようにはなったのだ。


こうして毎日があっという間に過ぎて行き、毎週、毎月、毎年とあっという間に過ぎるのである。

年とともに時間も加速してきてあんまり生き急ぐのも嫌だと思いつつもやはり毎日やれるだけやれる事をめいっぱいしたいとは思うのだが・・・・なかなかどっこい(いつの人)思うようにはいかない。


なんていうかやりたい事の全体的な大体のイメージは出来ているのだがハッキリとした形がまだ浮かばず着工出来ない状態なのだ。

しかしだからといってただ悶々としてる訳にもいかないので色々な事を試して、聞いて、見て、寄って、らっしゃいらっしゃい~・・・・・・。
とにかく色々な事を見たりしてまあ言わば材料集めみたいな時期なのかにゃ~。


正直95%は好奇心でやってしまっているのだが勉強心もかろうじて5%は残っているのでまあ良しとしておこう。



まあ言ってみりゃ~全ての経験が勉強になるって事よ。
おほほほほほほ頬ほほ。(隠れキャラが


勉強嫌いの苦しい言い訳は今日で終わりにしておこう・・・・・今週の所は。




いきなり冷たい風に吹かれたりするニューヨークではあるが日はかなり長くなり陽射しももう冬のものではなくなったのだ。

たまに暖かい日もちらほら。

そんな素敵な春の手前ではあるが最近眼痛と頭痛に悩まされる羽目に・・・・。
そう言えば去年もこの時期にこんな事が・・・・。

重い頭と重い眼に多少イラつきうちの社長に当り散らした頃に思い出すのである「そういえば花粉症だった・・・」3年連続全く同じように思い出すのである。

かろうじて当り散らす相手が違うくらいである。
(社長給料減らさんといてや~


3年前始めて発症したのだが何なのか全く分からず春の終わりごろに病院に勤めている友達にもしかしたらと目薬をもらったらかなり楽になった。
それから毎年この季節になるのでとりあえず「花粉症」ということにしたのだ。


重い頭を抱えつつ明日からも5%の勉強心と共にアクセルを踏んでいくわしである。
あっ、とりあえず明日明後日は勉強休むけどね。


では諸君良い週末を。



            春手前
                    春が待ちきれん奴ら

        

足クサ日和

こにゃにゃちは。

ご無沙汰振りがかなり板についたわしである。

いきなりだがうちのラテン人は足が臭い。

1週間のうち6日は臭い。
他の1日はやや臭い。


このブログの中だけでもすでに鼻毛がヒョッコリでていたり足が臭かったりで散々なラテン人である。


こないだから考えている足クサ川柳により改めてラテン人の足クサメモリーを思い出していた所なのだ。


ある日部屋に入るとなんだか部屋全体に異臭がする。

なんていうか納豆を凝縮して発酵させすぎた上に腐らせちゃったみたいな臭いが・・・・。

な・・なんだこの臭いは・・・部屋全体にいい塩梅で漂うこの山吹色の臭気・・・。

懐かしいようで他人行儀なそれでいて確実に不快感を与えてくれるこの臭い・・・。

かなり高性能な鼻と耳を持つわしはここで早速臭いをかぎつけることに。

くんくんと警察犬のごとく臭いを嗅いでいく。

部屋の床を這い鼻で追いかけたその先には足クサ話をしている事からも分かる通りラテン人が脱ぎ捨てた靴下が蜃気楼のなかで佇んでいたのである。


常にジャスミンの香りをかもし出しているわしの足からは想像できない臭いであった。
(はいごめんなさい


毎回の洗濯時にもわしはラテン人の足クサによってしばらく息を止めて仕分け作業をしなければいけない状況になる。

外に洗濯に行くわしは家でためられた洗濯物を持ち出し用ランドリーバックに移し変える。
その間にしみにスプレーしたり裏返しになったものを戻したりまたはジーパン(今時言う?)を洗う為に裏返したりするのである。


そしてラテン人の靴下も仕分けなければならない。

うちのラテン人は靴下を2重に履く。
臭さも2ば~い2ば~いである。(分かる人は声をからせて言ってください)

そして自分で臭さを自覚しているラテン人はご丁寧に2重に重ねられた靴下を丸めて入れているのである。

これを毎回毎回わしはほぐしそして重ねられた靴下をはずすのである。


前にラテン人の足クサ度のかなり高い時があった。

いつものようにたまった洗濯物を仕分けしてアルマジロのように丸まった足クサ靴下をほぐし終わったらなんとわしの手がしおれていたのである。

なんだか手がカサカサになって艶も失いしわしわになり色も悪く血の気が無くなっていてなんだか一回り程小さくなってしまったのだ。


おそろしい足クサ汚染であった。


その後手を洗いクリームを塗ってケアしたら無事治ったのだがあの時はいくらデューク東郷並みの冷静さをもったわしでもビックリしたのだ。




お互い熟年江戸っ子下町夫婦のように慣れてきたわしらだが臭い、いやいやクサイにはなかなか慣れんわしである。



こないだ1日中スノーブーツを履いていたポン太の足から同じ臭いがした時にはそろそろ腹を決める時がきたのだな(何に)と涙をこらえて思うのであった。


にんにん。


            足クサ探知
              三段腹と足クサは脱ぐまでわからんのさ



溶ける記憶

こにゃにゃちは。

すっかりご無沙汰が板についたわしである。

冬もだんだん終わりに近づいてきているのだが寒さが最後の悪あがきをしているようで今日も寒い。

公園に残っている雪は寒さとたまに降る雨で凍ってしまいまだ残っているのだ。
あーうっとおしい。

まるで昔の自分のようである。

わしはどんな小さな事でも忘れなかった。(と自分では思っていた)

良い事も悪い事も自分の事も他人の事も。

どんな小さな出来事も誰かが言ったとても小さな一言もほぼ全て正確に覚えていた。(と自分では思っていた)

そして思い出す時も完璧に思い出せないと気がすまずしかも思い出すまで諦める事ができなかった。



それが子供が出来てから自分にそんな時間を費やす事ができなくなりその場で思い出せなくてもまあいいかと何とか妥協し後回しにする事が出来るようになった。

そして現にそのうち思い出す事が多い。


この「妥協できるようになった」というのはわしにとって大きな収獲であったかもしれない。
もちろん全てに妥協している訳ではなく必要か否かを判断しての事である。


う~んわしも大人になったもんだにゃ~。

まだまだ未熟ではあるがわしの父ちゃん母ちゃんには安心してもらえそうなくらいには成長したのでは。


わしは公園に凍りついた古い雪のように自分の頭に残っていた記憶を温かく溶かして吸収する事ができたのである。
そしてそれは確実に自分の成長に繋がったのだ。

忘れてはいないがマイナスナ記憶をうまく溶かしてあげて消化、吸収してやる事がやはり大事なのだと思う。
それをするには自分とちゃんと向き合って自分の嫌な部分も全て受け入れる事が必要だったのだ。


わしは長い間自分の嫌な部分と向き合いたくないばっかりにきっと見て見ぬふりをしていたのである。

そして人の欠点や失敗を見つけては記憶に入れて嫌な自分を覆い隠していたのだろう。

そんなマイナスなものばかり頭に入れていたのだから思考もどんどんマイナスになるのは当たり前かもしれない。



冬の凍りついた雪が溶けるようにわしの頭の中にこびりついたものは溶けたのである。



なんだかつまらん話になってしまったがこびりついた物を取ってみるのは価値があるのでお薦めしたい。
最初の方は多少の苦痛を伴うかもしれないがだんだん取れてくると思考回路がはっきりし柔軟になるのは確かなのでお薦めする。



春を待ちながら色々思うのである、にんにん。


今日は文字一色で失礼するのだ。





流し書き

こにゃにゃちは。

気付けば1月ももう終わりでんな~。
早いもんで。

今年も頑張っていかんとな~と思いながら日々過ごしておりますはい。

人生とは山登りの繰り返しのような気がするのである。

色々な事が繰り返し起こりそれを越えて次に進んでいくわけだが・・・・結局それを一生繰り返していくんだろうにゃ~。
物凄く辛い山もたまにあったりしてがんばってがんばってもう少しだからきっとこの山を登ったらその向こうには何か見えるはずだと言い聞かせながら登るのだ。

そしてやっと登りきって頂上に立った時に見えるのは次の山なのだ。

でもやはり頂上から見る景色はなんとも言えないものがあるのだろう。

そして又次の山を越えればきっと何かが広がっているはずだと信じ次も登っていくのである。



アルプス山脈のように行く手には次から次へと山々が広がっているはずである。

しかし山を登った時の達成感と心地よい疲労感、そして越えた時についた少しの自信を持って又次の山に挑むのだ。


結局わし思うに「人生ってなんなのだ」と考え始めてしまったら駄目みたいね~。
空しくなるだけやんけ~。


永遠に終わらない山登りみたいなもんだとわし思うんだよにゃ~。
ただ「次の山を越えたらきっと」って言う希望を持ち続けていく事が大切な訳でもし死ぬまでそれの繰り返しだとしてもきっと最後に今まで見た事のない景色が待ってるはずって思いながら生きてった方が良いざんしょ(誰

ざんしょざんしょそうざんしょ~
(ちょっと気に入ったようです)



と言うことで休んだり弁当食べたりしながら山を登って行きましょうぜ~


とりあえず諦めるのだけはいつでもできるんだからどっかに置いといて。

1日1歩でも良いから足を前に出す事にしますかにゃ~。


あーこりゃこりゃ



今日は写真無しで失礼しまっせ~。



小枝の折れる季節

こにゃにゃちは。

いや~新しい年もどんどん過ぎていきますね~お客さーん。(誰

とにかく寒く冷たく痛いニューヨークであるのだがもうこの冷たさたまらん・・・・・。

早くあったかくならんもんかの~。

そのせいかどうか関節がパキパキ鳴ってしょうがないのだ。
何故か本屋に行くとかなりパキパキ鳴ってしまうわし。
本を選ぶ時は長丁場になりじとーっとあ行から順に横にずれて物色していくのだがじりじりと少しずつ横にずれる度にパキパキと鳴るので恥ずかしい・・・・・。

皆静かに本を選んでいる中わしが横に1歩ずれる度に「パキッ」と鳴り横で本を選んでいた殿方が敏感に反応するのだ。
どうやらその殿方わしの関節音をわしが「早くそこどけや」と舌打ちしたと勘違いしたらしくこちらをチラッとなんともいえない目で見て行ってしまった・・・・・。
ち・・違うんです旦那~わしの関節が悪いんでっせ~・・・・・・。

わしはその後他の本愛好家に気を使ってなるべく近くに人がいる時は動かないようにする事に。
しかしそこはわしも本好きであ行の作家を物色した後はどうしてもか行に進みたいではないか・・・・。

じりじりと牛歩以下のスピードで隣りのか行に向かう。
「パキッ」く・・・くそ~又鳴ってしまった・・・・。

いくらかばんの中を漁るふりしてごそごそ動かして無駄な音を立てようとも全く種類の異なるぱ行からなるあの音は際立って響いてくるのだ。
ここばかりは日本人の「本屋では静か」なマナーの良さを恨むのだ。


そうこう(どう)しているうちにか行も物色し終わったわし。
もちろん次に向かうはさ行である。

・・・・・・・。
どうしたものかここで1歩でも動こうものなら又わしの小枝を踏んだようなパキパキ音が響いてしまう・・・。



ひらめいた~

ふふふ明智君よちみにわしの関節音が聞き取れるかにゃ~


今年最大のひらめきをしたと言わんばかりにわしは必殺技を使い横にずれてみる事に。

見るが良い「必殺関節曲げない歩きふふふ、いかがかなこの素晴らしいひらめきをちみに思いつく事ができたかにゃ~?
(今年もかわらずやっちゃっています)


かなり良い案だと思って関節を曲げずに横に移動してみるのだがどうも歩き方がやばい事になっているようだ・・・。

もっと滑らかにかつ関節を使わずに横移動が出来ると思ったのだが何かが違う・・・・。
完全に不自然な歩き方になっているのである。


しかしわしはその後、必殺関節曲げない歩きをアレンジし歩くのではなく足を床につけたまま関節を曲げずじりじりと横歩きしていく技を身につけたのだ。


それでも多少の不自然さにわ行の手前で物色を断念する。
しかしわ行にはあまりわし好みの作家がいないのでよしとしよう。



なかなか手ごわいぞ「BOOK OFF」今日はこれくらいにしといてやろうではないか。


2011年早々体の老いを寒さのせいにしつつオシャレに小枝の折れるような音にして奏でているわしである。

今年もなかなか良い年になりそうだ・・・・・。



            
           小枝楽団
               この足で奏でてまっせ~



A HAPPY NEW YEAR

こにゃにゃちは。
ひとまずご挨拶を。






謹賀新年



新年明けましておめでとうございます。
2011年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。



だいぶご無沙汰しておりまする。

なんだかあれやこれやという間に年が明けてしまったのである。

去年はパートにつき更新もミルミルとミチルのごとく怠ってしまいそのまま年が明けてしまった・・・・。

きっと今年もブログの更新はかなり滞る年になるとは思いますが暇と体力を見つけては更新したいと思いますので懲りずに来て下さっている方々、どうかそのまま懲りずに来て頂こうではにゃいか。(本当にすみません)


去年はブログを通じて色々な方と出会えた事に感謝してるでごわす。
今年もどうぞひとつよろしくお願いするのだ。



良いお年を~




クリスマス前

こんにゃにゃちは。

随分今回も間が空いてしまったのだ。

まあ忙しいのは良い事である・・・という事にしようではないか。
(誰だね「絵に描いたような貧乏暇なし」などと言うのは)

又クリスマスの時期がやってきた・・・・。
しかしまあ毎年忘れずにくるもんだにゃ~。
(当たり前ですが)
しかも年々早くなっておる・・・気がする。
(け・・決してわしが転がるように年を取っていってる訳では・・・)

わしも毎年同じ事をしているのだがギリギリになって焦るのである・・・。

先週めでたく誕生日を迎えたピッピのプレゼントを例年のごとく欲しがるポン太。

ピッピが誕生日にもらった物と同じ物をサンタにお願いするのがここ数年のポン太の傾向である。

なんだかんだでパートにいそしむわしはなかなか時間が無く買いにも行けないのだ。

同居しているおばばのプレゼントに前ここに住んでいたおじじのプレゼント。

子供達のはサンタが持ってきてくれるのだが怪しい中国人風サンタは去年と同じくポン太の欲しい物が又売り切れていたので焦っているようだ。

「ちみちみサンタは欲しい物をくれるんじゃなくてちみに必要な物をくれるのだよ」と言い聞かせてはいるものの下のポン太はかなり諦めが悪くしかも落ち込み具合もなかなか激しいのだ。

ピッピの方はなんだかんだで自分を納得させ立ち直りも早いのだがポン太の方はなかなかしぶとい・・・。


こんな事を言っているが親バカ怪しい中国人母ちゃん自身ポン太の落ち込んだ姿を見るのがつらいのではないかという噂もチラホラ。

甘やかしちゃいまへんで~。

しかしどうしても下の子は、特にいつまでもがきな男の子はなかなか可愛いものなのだ。
そのかわりわしの神経を逆撫でする時も最大級の力でやってくれるのである。



クリスマスまであと3日じゃないかえ・・・・。

買い物に行けそうなのは23日だけである。

キリストの誕生日に何故ちみらのプレゼントを買わなきゃいかんのだ・・・。
キリストの誕生日を祝うだけで充分ではないか。

とか言いながら子供達がサンタを信じている様子を微笑ましく思うわし。


母ちゃんもうひとがんばりでっせ~。


皆さんも素敵なクリスマスをお過ごしくだせい。

ちょっと早いけどMerry Christmas




            走る街
             師走でっせ~何もかも走ってまっせ~



プロフィール

マコベス

Author:マコベス
まあそう言わずに。
よってらっしゃい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

リトルジャパニーズ in サンディエゴ

ぽとぐらふ2 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
寄り道