スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のしかかる夏

こにゃにゃちは。

今日は物凄い暑さでべとべとな夜を過ごすわしである。

子供が夏休みになりなんだか大変と思っていたのもつかの間人生色々問題がのしかかってくるものなのだ。

何も夏休みにのしかかってこなくてもよいものをそんな事関係なくのしかかるのである。

今日は先週末ののしかかれはじめに撮った写真を載せてドロンパさせていただくとしよう。

まだ先週は今日ほど酷な暑さでも無くかといって涼しい訳ではないのだがカラッとしてかつまろやかな大人の風味を漂わせる()なかなかの良い天気であった。
(ちょっと料理評論家に憧れてみました


             ブロンクス

ブロンクスまで(現実)逃避してみたのだが電車でちょっと来ただけなのに空が広いにゃ~

広い空を見る。
これ絶対必要あるよ。

久しぶりに思い出した空の広さにビックリしてますます怪しい中国人と化すわしであるよ。

ポン太とピッピは大喜びで走り回る。
しかしポン太はどんな所でも目を離すと危ないのだ。

彼は色々と解釈の仕方や使い方を間違う事が多いのでかなり危険人物である。

基本的にどこでも登ってしまうのだ。

「そこに3cm以上のものがある限り登るのである」
これポン太の格言()あるよ。

いやいや本当にポン太がそう言ったかどうかは茶を濁すとしてとにかくやんちゃなのだ。

登る登る走るこけるの3段こけ活用がいつも応用されるのである。

窓とは空気を入れ替える為に開けるものではなく登るもの。これポン太の常識あるよ。
家の柵は領域を守る為のものではなく登るもの。これポン太の常識あるよ。
人の背中は哀愁を漂わせるものではなく登るもの。これポン太の常識あるよ。


「これどう見ても使い方間違ってるあるよ」なポン太であるよ。
         ポン太とブランコあるよ


ブランコという物は決して自分を逆さにして宙返りさせ挙句の果てに下に落ちてそれをネタに笑って遊ぶ物では無かった気がするのだが・・・・・。


色々あるが空の青さがせめてもの救いである。

           救いの空

怪しい中国人口調でまんまとネタの薄さをごまかしたなんていうのはだれあるよ。

・・・・・・・・。

暑いのでこのくらいは許していただくと・・・・するよ。

スポンサーサイト

小心者の日

こにゃにゃちは。

わしは元来無謀な性格なのだが意外と小心者でもある。

日常的にちょくちょく小心振りを発揮する。
(そんなもの発揮せずにいたいのですが

今日は電車に乗っている時に発揮。

ダウンタウンからの帰りがらがらだったので座る事に。
その電車は座席が両窓側1列に並んでいるタイプで(ニューヨークの地下鉄はほとんどこれです)真ん中に1本ポールがあるが席が区切られていないタイプである。

しばらくするとある駅で結構どすこいなカップルが乗ってくる。
だんだん人も増えてきてそのカップルがわしの隣りにどすこ~いと座る。

わしとその2人でぴっちりである。

すると反対側からベビーカーを押しメキシカンカップルがやって来る。
そしてわしの隣りに座るのだ。

わしの隣に座ったメキシカンカップルの妻の方は小柄だがややどすこい気味である。

メキシカンカップルの方は向こうの方に少しゆとりがあるはずなのになぜかわしより。
そして小柄ややどすこい気味妻が旦那と話すからか少し斜に構えて座るのだ。

なので彼女の尻がわしをぐりぐり押してくるのである。

反対側からは全身でギューギューぴっちり状態。
そしてこっちからは尻でぐりぐり状態。

・・・・・わしが最初からここにいたのに・・・・。

そんなみみっちい自分にさようなら~と言いつつ正面の窓に映ったわしを見る。

いつもは必要以上にでかくえらそうに見えるのだが窓に映ったわしは両側からどすこいどすこいとうっちゃりをかまされかなり謙虚に見えるのだ。

あっちの方に空いている席があるから移動しようかと考える。

しかしベビーカーに乗った赤ん坊がわしの方に顔を向けているのだ。

今移動すると「なんだよあの怪しい中国人うちのベイビーちゃんが嫌いだって言うのかい」とメキシカンチョップをくらいそうなのだ。

もし自分が同じ立場で人を尻で押している事に気付かずにいきなり隣の人が席を移動したら・・

状況から言って間違いなく子供が嫌で移動したと思うだろう。
なんせベビーカーのタイヤがわしの足に乗ってる位ベイビーちゃんが近かったのである。

わしは決してうっちゃりにより潰れていた訳でもない。(潰れかけくらいです)
ただ皆がもっと快適になるだろうと思って移動を考えたのだが・・・。

メキシカンカップルを不快にさせるかわりに皆が余裕のある状況を手に入れるのが良いのか。
誰かが降りるまでのつかの間の密接具合を逆に楽しんでしまうのが良いのか・・・。

小心者のわしに分かっていながら人を不快にさせる事など出来ないのだ。

「人を不快にさせる」と言っておきながら結局は人が自分の事を不快に思いそれによって自分が不快になるのが嫌なのではないのかにゃ~

とぶつぶつ言いながら結局その場にとどまる事にしたのだ。

密接具合を楽しむ事は出来なかったがすぐにどすこいカップルが降りたので又ゆったりシートを手に入れる事が出来たのだ。

人の事をまったく気にしていない人を見ると「もしかしたらあれぐらいがいいのかもしれない」と思ったりするのだ。


先にも言ったがわしは人の気持ちを考えてしまうがこれは結局自分が最終的に不快になりたくないからというとても自己中心的な気持ちがあるのだと思う。

わしはこれ以外にも結構無謀なところがあったりするので極端な性格でもある。


今日はかなり固い口調で小心っぷりごまかす事が出来たのではないだろうか。
(全然ですね。はい)

明日はもう少し人を気にせずにずかずかと進むことにしよう。


           ワシントンスクエアーパーク
            せっかく開いた門の下を通らないと造った人が不快になるかも・・・


先生の訪問

こにゃにゃちは。

今日は息子の学校の家庭訪問がある。
年に2回行われるのだが他のプリスクールでもちゃんと行われているのかにゃ~

なんせうちはシェアして暮らしているのであまりお招きしたくないのだが仕方ないのだ。

娘も同じプリスクールに行っていたのでもう慣れてはいるがなんせ人と改めて話をするのが得意ではないのである。
学校ではいつも冗談を言い合っている先生なのだが改まった途端に怪しい無口な中国人と化すわし・・・。

そう言えばわしが小学校の時も家庭訪問はあったのだ。
さすがに保育園ではなかったよにゃ~。

なるべく時間をつぶして家に帰る時間を遅くするわし。
そして家のドアの前に着くとまだ先生と母ちゃんの話し声が聞こえるのである。

早く終わってくり~

と思いながら仕方なく踊り場に隠れてジーッと待つ。

ハゲチョビン偏屈爺さん先生が帰っていく。

あー終わった終わったと少し間をとりドアを開ける。

それ程怒られるようなことは無かったが忘れ物が多いとか集中力が無いとか言われたっけにゃ~(充分

あのハゲチョビン偏屈爺さん先生はとてもひいきをする先生だったのでわしのような特に悪すぎず決して良いはずが無い子供にはさほど影響は無い。

家庭訪問が終わった後はクラスでひいきされている子の家をべた褒めしているハゲチョビン。
玄関がいかに綺麗だったかと言う事に始まりどれほどすばらしい家族であるかにまで至るのだにゃ~。

嫌われている子はやはり極端にできの悪い悪がきである。
怒り方が感情的で今の日本ではタブー()とされている体罰もあの頃では当たり前なのだ。

悪がきの耳をちぎれそうなほどつかみ皆の前で見せしめる。

でもあのハゲチョビン爺さんはちと感情的過ぎた気がしないでもない。

わしは何度か女の先生になったがほっぺを張り手された事もある。

先生も人間だもんにゃ~
かっとするのは仕方無い事なのだが行き過ぎないで欲しいもの。

日本の学校は今ではろくに注意もできない現状らしくわしには信じられんのだ。

先生が子供を注意すると親が文句を言うとかでしかも自分の子供に落ち度があると先生のせいにするとかで。

信じられないのである。
では親の役目はなんであるのだ

こちらの学校で体罰などあればかなりの問題になるだろう。
それは環境が違うので仕方が無い。
暴力振ったら捕まっちゃうもんにゃ~
わしももし自分の子供が体罰を受けたら間違いなく学校に話しに行くだろう。

しかし注意もできない今の日本の学校の状況は異常ではないかにゃ~

じゃあどこで怒られるの誰が子供を正すの

わしは逆に自分の子に小うるさ過ぎるのでもはや子供は慣れてしまいこれまた失敗である。
が、叱れない状況と言うのは良くないにゃ~

甘えさせてあげるのと甘やかすのはちがうもんにゃ~

わしもこうしてなんだかんだ偉そうな事を言っておるがうちの子すでにぐれかけているんだにゃ~
困っちゃったにゃ~
毎日睨みをきかせてうんこ座りである。

そんな不良息子を毎日面倒見てくれてるのである
仕事と言えども大変だにゃ~

今日はそんな先生達に尊敬の意を示すべくうんこ座りでもてなすのである。

             ばつの悪いお方
                 覚悟しときや~


どっきりはっきり

こにゃにゃちは。

突然だがちみはどこまでがドッキリで良いと思うかい

前回の続きではないが日本のドッキリ番組を見て思うのだ。
なぜ日本のドッキリなのかと言うとわしはテレビをあまり観ないのでこちらのテレビ番組をほとんど知らない。
見ないというよりテレビが映らないから観れにゃいのだ。

だから観るといったらユーチューブで観る。

お笑い系を良く観るのだが芸人をターゲットにしたドッキリ番組を見つけ観てみる。

結局あれって人をだます訳だから決して良いものじゃ無いのだけどつい笑ってしまう。

しかしその中でも笑えないのはいくつかあるのだ。
なんと言うかそれを笑ってしまうのはひどすぎるんだにゃ~ってやつ。

う~ん・・これをうまく伝えたいのだが言葉が見つからんのだよちみ~・・・。
簡単に言えば行き過ぎてるんだがもっとこう人の心をもてあそぶと言うか・・・・。

とにかく観てられなくなってしまうのだ。

むか~しむかしのドッキリはもっと分かりやすかったような気がするのだが今は何ヶ月にもかけてドッキリしてしまったり、心理的にとても負担になるようなものが多いのでは

絶対トラウマになると思うんだけど。

わしは良い人ぶるわけでもなんでもないが観てられにゃい。

しかもドッキリの模様を番組中に流す時にまた字幕やナレーションを足し、笑い声も入れたりするのだ。

それがその人の心をもてあそんでいるような物だとそれ以上先を観る気がしない。
何度も言うが良い人ぶるわけじゃなくてなんかやなんだにゃ~。

きっとわしと同じように思う人は沢山いると思うがそれを面白いと思う人もいるわけじゃろ
需要があるからやるんだろうし。

笑えない事は無いのだが笑う気にはならにゃい。
全部がそうなわけじゃ無いのだよ。いくつかのものがそうなのだ。

人を物凄く喜ばしておいてだますのとか、物凄く感動や悲しませておいて全てドッキリだったとか。
あんまり好きじゃないんだよにゃ~。

観なきゃいいじゃんって言われるだけだろうが・・・。
わしはあれになれて欲しくないのだにゃ~なんか冷たい感じするし。

テレビの影響力ってすごいから普通の人だってすぐ真似しちゃうし。
思ってるよりずっとテレビは一般の生活に影響してるのだ。
それが無意識だったりするから余計に怖い。

『ドッキリ』って言うぐらいなんだから「あードッキリした!」でさっぱり終わるようなのが良いんでにゃいのかい

きっと人間って進化していくものだから思考回路も複雑になってきて前のものじゃ笑えなくなってるのだろうけど。

芸能人の高い給料もっとも若手芸人なんか安いらしいが、あれって本当に有名税だにゃ~。
それが今は普通の人も真似してやっちゃうんだから困るんじゃにゃ~い
テレビが身近になった分テレビの中の事とも身近になりすぎちゃって境が分かってない人も結構いるみたいで。

テレビって便利でもあるけど怖いですにゃ~
それではさよなら、さよなら、さよなら(今回2度目の登場です誰か分かりますか?)

              背を向けるわし
                観てられんのじゃ



肥えちゃう日々

こにゃにゃちは。

今日は風邪を治すべくダラダラと過ごす。

買い物を済ませて子供を迎えに行くまでダラダラするのじゃ~。

とりあえずユーチューブで日本のテレビをちらほら。

あのね、生意気とか言わないで欲しいんだけど・・・そして外国生活してるからって偉そうにっていじめないで欲しいんだけど・・・皆ぽっくんが偉くもなんとも無いのわかっとるよにゃ~

久しぶりに日本のとあるカリスマ()女性歌手とかいう人の歌を聞いたのだにゃ

彼女はわしが日本にいる頃からもうずっとでていて特に若い子にカリスマ的な存在だそうにゃ
日本にいる頃はうまいと思わないにしてもそんなに下手だにゃ~とは思わなかったんだけど・・・・・・

歌が物凄い下手でびっくらこいたんだにゃ~

なんか聞いてるこちらが恥ずかしくなってしまうのだ。

そしてちょっと気取ってる男2人組みの歌い子さん達(表現間違ってるかにゃ
この人達もわしが日本にいる頃からいたけどわしはあんまり好きじゃなかったのだ。
かっこつけてるから。

そしてこちらも物凄い下手に聞こえるのだにゃ~

わし昔は音楽大好きでジャンルを問わず結構な数を聞いてきた。
邦楽、洋楽、パンクにフォーク、良いと思うものはまず聞く。
だから別に邦楽を差別もしてないのだ。
そして今聞いてもうまいと思う日本人歌手も沢山いる。

ただ最近わしは音楽から少し離れてるんだにゃ~。
聞くのは街中やあちらこちらで流れるこちらの歌とたまにテレビやラジオで聞く程度。

やっぱこっちの売れてる人ってうまいと思うんだよにゃ~。
当たり前なんだけど歌唱力が抜群に良いし。ルックスだけで売る人ってあんまり見ないのである。
出たとしてもきっと消えてくだろうし。

日本の歌手がどうのと言う話ではなくて、びっくりしたのだにゃ~。

わしは今でも日本の歌も聞くし沢山好きな人たちもいる。
ただその人たちに限ってはなんか歌唱力が全く無いしう~ん・・・て感じなのだ。

多分ね、多分、語弊があるかもしれないのだが・・・

耳が肥えちゃったんだにゃ~
キャー言っちゃったー語弊あるある

それがどうしたって事はないのだよちみ。

わしが思ったのはだね
こうゆう事を帰国してからぶっこいてると「ちょっと海外にいたからって」とか「帰国子女は生意気だ」ってなるのだろうにゃ~と思った訳だよ。
歌の事だけじゃにゃいぞ。色々な意味でにゃ。

だって良くそういう話聞くからさっ

いやでも生活変わればやっぱりその土地に順応してくるから仕方ないのだ。
例えばニューヨークはやっぱり人がなんだかんだ言っても厳しいし現実的である。
ニコニコ笑ってるだけでは過ごせない。
ちょっと自分がニューヨーク使用のきつめな奴になってから帰国すればそりゃー違うんだにゃ~周りとは。

わしはこちらに来たおかげで日本の良い所も悪い所も色々見えて人生で1番今日本を愛おしく思う。

なので何かのはずみで帰国するような事があれば「あんた生意気だから足の小指あそこの机の角にぶつけちゃいな」などといじめられないように気をつけなければにゃ~(今日ぶつけたので

わし思うんだけどある程度長く外国に住んでいると、外国に入国した時よりもその後帰国した時の方が周りとかみ合わなかったり自分の地元国なだけに違和感が強いのでは

なんだかんだ言っても日本に早く帰れる事を願って今日も顔ごと肥えちゃうわしであった。

             笑わないお方
              厳しいお顔のニューヨーカー





プロフィール

マコベス

Author:マコベス
まあそう言わずに。
よってらっしゃい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

リトルジャパニーズ in サンディエゴ

ぽとぐらふ2 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
寄り道