スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それなりの人

こにゃにゃちは。

気分がだんだん落ち着いてきているのだ。

春は罪な奴じゃにゃ~
わしをこんなにするなんて・・・。

そうそう罪な奴と言えば結構前の事である。
(実際「罪な奴」とは関係ないですが)

今ポン太が行っているプリスクールにピッピも前行っていたのだ。

そこで同じクラスだった子のお父さんの事。

彼はうちのラテン人と同じラテン人Dで奥さんもラテン人Dである。

彼は再婚で最初の奥さんとの子にはもう子供がいる、つまりおじいちゃんでもあるのだ。

まあラテン人Dには良く見られるパターンなのだにゃ~

そのおとうDは他のママに混じってクラス委員なんかもやっていて結構おしゃべり好きでもあった。

わしもパートナーがラテン人Dと言う事もありよくくっちゃべかけられていたのである。

ピッピが卒業して小学校に入ってからも家が近所の為道でよく会ったのだ。

そして去年の冬前くらいである。

たまたまスーパーでおとうDに出くわす。

いつものように挨拶をして話していたら今度軽く朝食でも食べて話しでもしようかと言われたのだ。

わしは普通に友達だと思っていたので一瞬「めんどくせ~にゃ~」とは思ったものの次の週の半ばに時間も決めて待ち合わす事に。

その日は確か金曜日辺りであった。

そして次の週わしはすっかりそんな事も忘れていたのである。

全然思い出すことも無く2週間くらいすでに経過・・・。

友達と電話で話していたら「こないだどうだった?」と聞かれてやっと思い出したのだ。

とりあえず謝らねばと思ったものの電話番号も知らない・・・。

そしてそういう時に限っていつもはほぼ毎日出くわしていたのに全く会わないのだにゃ~

さらに1週間たちやっと遠めに子供を連れて歩いているおとうDを発見

事情を話し謝るわしに「いいよいいよ」と言いながらも何となく話をそらそうとするおとうD。

ん~なんかぎこちないにゃ~

娘が一緒だったからかにゃ~

と思いながらその場は終わる。

しばらくたってわしがラテン人と子供達と家族で歩いている時である。

少しはなれた前方におとうDの姿が見える。

わしらがそちらに歩いているとおとうDがわしに気付き笑顔になった。

そしてこちらにニコニコしながら来ようとしていたのだがちょっと離れたうちのラテン人を見つけてそそくさと行ってしまったのだ。


いや~わしそん時思ったんだにゃ~

待ち合わせ行かなくて正解だったにゃ~って。

そして忘れるべくして忘れたんだにゃ~って。

わしなんぞ相手に下心など無かったろうが普通にわしら家族に挨拶しない所はなんだか・・・・・って感じなのだ。

まあ彼もラテン人Dだからよく分かっているのだろう。
色々と。

でもなんだか安っぽい人なんだにゃ~とがっかりしてしまった。

彼はわしにだけではなく皆に話しかけとても面倒見が良くそれを売りにしている所もあったのだ。

もしわしらの所に来てうちら家族に挨拶をしてうちのラテン人にも握手していたら(こういう時初対面でも大体挨拶で握手します)彼の存在はわしにとってずっと「面倒見の良いしっかりしたおとう」であったのだが。

ちょっとした安っぽい行動が彼をすっかり安っぽくしてしまったのだ。

普段「わしはそこら辺のラテン人Dとは違うのだ」と言う雰囲気をかもし出しているだけに残念である。
(これはあくまでもわしの独断と偏見です)


やはり自分を大きく見せている以上は大きく行動していただきたい。

なんだか気分が良くなってきたと言う割には辛口になっている気がするが・・・。

辛口と言えば・・・・。

これは又今度にしてやろうかえ。
今日はこの辺で許してやっているつもりで許してもらおうではないかえ~。


            色着く写真


昨日と同じものも色着いて見られるようになるのだ。


             はねもの

わしに紐解けなかったものはにゃいのだ・・と思っているだけなのだ。

        
             あおあお

しかしわしもまだまだ青いのである。

青塗りしていると言う噂もなきにしもあらずなのだ。


             丁度の空

青い中にも色々あるのである。

明日晴れるといいにゃ~


スポンサーサイト

ラテン人によると

こにゃにゃちは。

昨日の続きではないがラテン人についてもう少し言わせてもらおうかにゃ~

ラテン人はラテンD国から来たわけなのだが。
最初に言っておくがこれはあくまでもうちのラテン人が言っていた事なので事実に基づいているかは定かではにゃい。

ラテン人はラテンD国の首都の町外れの方から来た。
わしの入手した情報によると(もちろんラテン人からです)そこの村人は誰も歩く事ができないそうじゃ

ぎゃーこわーい

なぜかと言うと村人は常に踊っているからだと言う。サルサ、メレンゲ、マンボ、と歩きながらフリフリ踊っていると言う・・・。
なので目的地に着くまで倍以上の時間がかかるのである。

そして家のドアは開けっぴろげのおっぴろげなのである
これはそれ程驚く事でもないのだが。
わしが子供の頃行っていたばあちゃんのところもおっぴろげ状態で近所の知り合いが気軽に出入りしておった。
田舎に見られる良い風景である。

ラテン人いわくこちらに出てきて皆駄目になっていくのだそうで国の人々は働き者でちゃんとした人も多いそうにゃ。

『駄目になっていく』というのは仕事にも就かず真昼間から道端でさいころ振ってギャンブルしてたり机と椅子並べてドミノを打ってたり。そしてやはりアメリカのドラッグ問題に巻き込まれていくものが多いということ。

せっかく国から出てきたのは良いが仕事も無くろくに英語も話せにゃい。
そしてドラッグディーラーになる人も少なくないのだ。

捕まって何年も刑務所入りになる人もいれば強制送還される人もいる。

わしはまだラテンD国に行った事がにゃい。
だから真相のほどは分らないのだ。

ただ言えるのはうちのラテン人はあまり信用できないので村人が本当に踊りながら移動してるかは定かではにゃい。

わしは未知の世界の話を信じてしまう癖があるのですぐに頭で躍り歩く人を想像してしまったのだが裏づけはできておらん。

そう言えば最初の子を妊娠してる時にラテン人が
「おらーD国から船さ乗って渡ってきただ」
と言ったのを信じ頭の中でラテン人が手漕ぎボートに乗って渡ってくる姿を勝手に想像しいつの間にかわしには現実のものとなっていた。

がその後、ラテン人は教師になり研修としてこちらに来た事を知る。
そして飛行機に乗ってきたことを聞いてかなり驚いたのである。

ワォーぜいたくぅー
とマリリンモンローなみに言ってしまうのである。

分りにくい冗談を言われても困るんだよちみー
3年以上もかわいそうな人としてわしの頭の中ではボートを漕いでおったのに・・・。
今さら飛行機だとー何をぜいたく言っておるのじゃ

ちなみにラテンD国にも沢山の日本人そしてその2世3世達がいるそうじゃ。

むかーしむかしその昔。
日本はベビーブーム。かなりの人口増加で政府はそれを減らすべく海外のいくつかの国に条件を出しそれに応募した人々を移住させる事に。

ラテンD国にも同じように沢山の人々が成功を求めて移住する。
土地を買い畑を耕し大きな夢に向かってゼロからのスタート。

しかしその後彼らが見たものは育たない作物そして残った借金。
中には成功を収めた人も沢山いるらしいが借金だけ残し日本にも帰れなくなってしまった人が沢山いる。

彼らが買った土地は地元の人ならすぐ分る乾いたどうしようもない土地なのだ。

「おらの国にも沢山のアジア人がおってねー」とわしも良く話しかけられる。
そのほとんどがわしを中国人と間違えているがまあほっとこう。

ラテンD国には他の国にあるように悲しい歴史もあるとか。

もしかしたらそれを乗り越えていくために陽気なダンスは必要だったのかもにゃ~

今日もまた半ラテン人ピッピとポン太に振り回され楽しくもお疲れな1日であった。
半分くらいが丁度えぇな~

              踊りながらキャッチボール?
               半分と丸ごとのとある午後




機嫌の悪い日

こにゃにゃちは。

わしねーちょっと機嫌が悪いのである。

さっきラテン人姉の家にお邪魔してきたのだがそこでいつも起こる事があるのだ。

それは何かと言うとだにゃ~。
皆で行くのだが必ずうちのラテン人がどっかに行っちゃって戻ってこないと言う事。

うちのラテン人いわば自営業。
レストランを相手にしているからあちこちのレストランに行く訳だがいつって決まってないのだ。
向こうが必要な時とこちらが必要な時に行く。

で、いつもラテン人姉のうちに行くとそこからどこかのレストランに行くといって出て行く。
そこまではまあ良いのだが、「戻ってくるから待っててくれ」と言うのである。

なのでわしは子供達と一緒に待ってる・・待ってる・・・待ってる・・・・メーテル・・・

って来ないでねーか

見事にいつも帰って来ないのである。

最初の頃は待っていたが絶対戻って来ないので今では自分で適当に時間を見て帰る。

待ってた頃は夜遅くまでずーと待って結局来ないので二人の子供も帰宅途中のバスや電車で寝てしまい大変な事になっていた。

本当に困る。
わし本当に腹が立つのである。

言わなきゃいいのにって言うか自分が行こうって言っといて出て行く時点でもうウワチャーッとひこうを突いてやりたいのに。
その上戻ってこにゃいだとー

「お前はもうちぢれてる」「ヒデブー
と頭のちぢれ毛を半分だけストレートにしてやるじょー

ラテン人姉もラテン人甥もラテン人姪もやれやれと同情の言葉をわしにくれる。
オイオイ、どれだけ家族に言われとんのじゃ

ルーズなとこ困っちゃうんだにゃ~

わしはのんびりしているラテン系人を見るとあれぐらいのんびりしてるほうが良いかもにゃ~と思う。

だがしかーし

身内に厳しいわしはいくら結婚してないとはいえ家族としてやっているうちのラテン人のルーズさが頭にくるのだ
ラテン人がやった時点でそれはもはや「のんびり」ではなく「不誠実」となってわしの平和な心を襲う。

かろうじてラテン人姉の家のクリスマスツリーが「今日はまあそげに怒りなさんな」とわしを抑えてくれる。

              ラテン人姉ツリー
             「僕のように1人でたっていきなされ」ツリーのアドバイス


どっちよりかな~

こにゃにゃちは。

うちのパートナーはラテン人D垂れ目が気になるラテン人Dくりくり頭のラテン人D感情的なラテン人D

まあとにかくラテン人なのだ

いわゆる国際カップルなのだがうちはちょっと結婚カップルよりドライな感じではないかな
なんと言うか・・・時には江戸っ子熟年カップル()のように毒を吐き合い、時には共に戦ってきたチームメイトのようにもなる。

今でこそお互いの弱点を知り尽くし攻撃ポイントを鋭くつくことができるがその裏に隠された血のにじむような徹夜続きの研究の事は誰も知らない
研究結果を発表しよう

まずはラテン人とわしでは笑いのセンスがあわーぬという事である。
全く笑えぬ・・・・

そして、時間に対しての正確さがちがーう
彼の1時間後は1年後でもある・・・

次は、味覚がちがーう
味が・・・濃い。何でもかんでも濃い目なのである。

はたまた、のんきにも程があーる
かなり譲って「のんき」と言っているが「あんたちゃんと考えてんの?」と言う状況にかなりの頻度で出会う。

これって・・・もしかしてラテン人Dとか関係なく彼個人のデータなのか
う・・嘘だ・・そ・・そんな事ある訳が無い・・嘘だと言ってくりー

ちなみに彼はわたくしよりも10歳年上
なかなかこの事実を思い出させてくれる状況は少ないのだが、たまーに思い出し「ちょっとは言う事も聞いてみるか」と自分に言い聞かせる

そしてラテン音楽が流れるとどこででも踊りだす

陽気陽気陽気病気陽気陽気(微妙です)

でもそんな環境のおかげ(せい?)で私の脳も多少ほぐされ楽になったようなそうでないような。

分かっているのは2人の真ん中がちょうど良いと言う事
そして統計から行くと我々の子供達がそれに当たるのだが。

人生そんなに甘くは無いのだにゃ~
硬すぎダレ過ぎない感じで育ってくれや~お前達~頼んだじょ~

新しい研究材料を探すべく又旅に出るのじゃ

            遺伝子のはざ間
            「君、君、ちょっとラテン側により過ぎてるから少し動いて」





冬の引きこもり

こにゃにゃちは。

あーなんだかすっかり寒くなってきたなー

冬が来るたびに私には心配事が出来る。
毎年毎年それはそれは私を不安にさせる。

ただでさえ収入が限りなくゼロに近いのに近いどころか本当にゼロになってしまう恐れがあるのである・・
それはうちのラテン人が冬になると布団にこもって出てこなくなるからである
「寒いのが本当に駄目アレルギー」があるため寒くなると調子が悪くなってしまう。

まぁ、簡単に言えばラテンD国には冬が無い、と言うか冬も暖かい。なので寒いのにはめっぽう弱いと言うわけ。(たったそれだけです)
あんたもう10年以上もここに住んでるんだからさー頼むよー

ここ1,2年は冬もちゃんと働いてくれるようになったけど・・いやー大変だったんだじょー
細かい事を書くと土曜洋画劇場6時間スペシャルが出来てしまうのでやめとくけどね

ラテン人の母も冬が嫌い。2年位前にグリーンカードをとって毎年ニューヨークにやって来る。
しかし毎年夏が終わる頃ラテンD国に戻って行く。
なのでラテン人母は生まれてこの方雪をまだ一度も見た事がない。
見たくもないそうで。

わたくし生まれも育ちも日本の本州なので一通りの季節は経験している。
雪をニューヨークに来て初めて見たなんて人いくらでもいるんだけど、なんだか信じられない。
すごいよなーなんか逆に貴重な気がする。

うちのラテン人に今年も冬が来る(皆に来るけど)
頼んますよだんなあんたにうちの生活はかかってんだよー
寒いからって布団に包まって一日過ごしてたら家計が凍っちゃいまっせー

不安をぬぐいきれず今日もわしのパート探しの旅は続くのである

         寒空の中で火の車
           引きこもりを予感させる空


プロフィール

マコベス

Author:マコベス
まあそう言わずに。
よってらっしゃい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

リトルジャパニーズ in サンディエゴ

ぽとぐらふ2 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
寄り道