スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナーロード

こにゃにゃちは。

最近犬を連れてる人が増えた気がするにゃ~。

そして犬のウンチョスが道によく落ちているのだ。
滅多に無い事だが道でウンチョスを踏むと本当に嫌な気分になる。

一応ウンチョスを置いていったら罰金を払う事にはなっている。
しかしそんなの見てなきゃわかんないじゃんといって置いていく奴らもいるのだ。
それどころか人が見ていようが平気で置いていってしまう奴もいる。

飼う以上は責任持ってやってもらいたいものだにゃ~。

そしてそこら辺の狭い道でリーシュをつけずに歩かれるのもわしは好きではない。

皆が皆犬好きそして動物好きではない事を分かってもらいたい。
動物好きだったとしても人が多く歩く道で犬を自由にうろうろさせるのはいかがかと思う。

わしは別に犬嫌いでも動物嫌いでもない。
でも特に「わ~わんちゃんだーきゃわゆ~い」と言う程好きでもない。

それは子供に対しても言えることで皆が皆子供好きではないのだ。

ほとんどの子供は何かしら公共の場でやらかしてくれる。
それを注意するのは必要だしそうさせないよう何度も言い聞かせるのも必要。

それでも子供を完全にコントロールするのは難しい。
だから大体の人は多少大目に見てくれる。
でもそれに甘えきってはいけないのである。

わしもたまに反省しつつ思い返す。

動物も同じである。
尻尾を振ってわしのところに甘えてくる犬はかわゆい。

しかしだからと言ってウンチョスの始末はしなくてはいけない。

赤ん坊が可愛くてもオムツの始末はしなくてはいけないのである。

子供も道端で走り出し人に迷惑をかけるのはやはり良い事ではない。
うちのポン太も毎日のようにいきなり走り出してしまう。(すみません)
しかし必ずその度に手を引き注意して歩くときは手をつなぐ事を言い聞かせる。

やはり犬もきちんとつないで歩くべきである。

放せる場所で放すべきなのだ。

人間も自分以外の事は突然何をするかもわからない。
動物も同じである。

「うちのポン太ちゃんはとてもおりこうでとても人に迷惑かけるようなことはしませんわ」
と言った所でそんなのあてにならないのだ。
(うちのポン太は人に迷惑かけっぱなしですが・・・

「うちの犬はおりこうで吠えたり噛みついたりとてもそんなことはしませんのよ」
と言った所でそんなのあてになるはずも無い。

実際わしはこないだよく訓練された知り合いの犬が突然小型犬に噛み付いてしまったのを見た。

人間にも動物にも絶対なんて無いのである。

わしはどちらかと言うと猫が好きである。

でも犬も可愛い犬は可愛いしあんまり可愛くない犬は可愛くない。

子供に対しても一緒である。

しかしなんだかんだ言っても自分の子供は1番に気にかける。
だから自分の子だけに甘くないようには気をつけてやってるつもりではある。

それでも多々人様に迷惑をかけてしまうのである。

動物を飼っている人にとっては動物はもはや子供のような存在である人も多いと思う。

それも分かる。
飼う以上大切にすべきである。
そしてマナーもきちんと守るよう努めていただきたい。

ウンチョスを道に置き去りにするようなことはしないで欲しいものだ。
そして歩くときは状況を考えリーシュをつけて欲しいのだ。

うろうろする自分の犬を追いかけながらこちらを見て「いや~まいっちゃうわん」という顔でニコニコされてもわしはニコッとは仕返さない。
それと同じように子供を追いかけながら誰かを見て「まいっちゃうにゃ~」という顔でニコッとしたところで誰もニコッと良い笑顔は返してくれないのだ。

誤解の無いように言うがわしは動物と子供を同じレベルとしてみている訳ではない。

その状況を同じ所に並べて考えているだけである。

わしも人ばかりじろじろと観察していないで足元をちゃんと見なくてはいけないと反省しつつ今日も人間観察にいそしむのだ。

                 危険な散歩道
                 「わ~景色良いな~」グニャッ「・・・・・・・。」

             


スポンサーサイト
プロフィール

マコベス

Author:マコベス
まあそう言わずに。
よってらっしゃい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

リトルジャパニーズ in サンディエゴ

ぽとぐらふ2 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
寄り道