スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助け合う夏

こにゃにゃちは。

もう二度とこの舞台には上がれないと思っていたのだが何とか戻ってくる事が出来たのだ。
(嘘ですそんな事思っていませんでした

ポン太のサマースクールが終わりいよいよ本格的に大変な夏休みである。

その上今家庭内改革()の為わしは上へ下へと事務所周りをしなくてはならずなかなか落ち着かないのだにゃ~

友達とお互い助け合って乗り切っているのだがわしは家族がこちらにいないので本当に友達の助けをありがたく思うのだ。

必要なのは子供を預かってくれる事でお互い預けあって乗り切っている。

わしが今助け合っている人は主に2人いてわしも含めて皆子供が2人いる。
子供の歳も皆同じくらいである。

彼女達は子供達をぞろぞろと4人引き連れて普段通り出かけてくれたりして全く大変さを表に出さないので尊敬してしまう。
引き受けるからには快くうけると言ったところが本当に気持ちが良い。

「う~大変になるな~」とか「こりゃ出かけるのは大仕事だ」なんて微塵にも出さないのだ。

だからわしも同じように大変さを見せないように快くやらせてもらう事にしている。

なんだかんだ言っても実際疲れるからにゃ~

4人もしかも男の子が2人以上集まるとなると終わる頃にはぐったりするのである。

終わった時には目の周りを窪ませながら「大丈夫だったよ~」と笑顔で報告するがお互いその大変さを知っているので顔を見合わせて笑うのである。

普段どんなにニコニコと挨拶をしていてもいざと言う時に助けてくれる人は限られているのだ。

だからと言ってその人達を責めるのもお門違いというもので人にはそれぞれ抱えている物があると理解するべきなのである。

人の事分かっているつもりでも100%分かってあげる事は残念ながらできないのだ。
何も無く余裕で生きてる様に見える人でも本当の所は本人以外決して知る事が出来ないのだからにゃ~。

わしがなるべく気をつけるようにしているのは「人を裁かない」と言う事である。
自分の秤で人を見て決め付けないようにしなくてはいけないと思うのだ。

実際その教えを持っていなければ人を裁いてしまうから気をつけているわけで別にわしが出来た奴を気取っている訳ではない。
出来ないから気をつけているのだ。

そう気をつけてはいても自分の気分が悪い時や何か気に食わない事があったりすると人の言動から裏へ裏へと考えてしまったりしてなかなか保ち続ける事は難しいのである。

だからこそ嫌な顔ひとつ見せずに頼まれてくれる友達は本当に貴重でわしも同じように返す事が出来るのだ。

人間って言うのは自然とされた事を同じように相手に返すもので自分に返って来る物をチェックしつつ自分の行いを反省するのである。

親切な人と言うのはきっと自分がされてる以上に、人に何もされて無くたってそれ以上のものを返す事ができる人なのだろうにゃ~

・・・としみじみ思う夏休みである。


            しみじ~み


しみじみ見上げる夏の空でごわす。





スポンサーサイト
プロフィール

マコベス

Author:マコベス
まあそう言わずに。
よってらっしゃい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

リトルジャパニーズ in サンディエゴ

ぽとぐらふ2 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
寄り道