スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足クサ日和

こにゃにゃちは。

ご無沙汰振りがかなり板についたわしである。

いきなりだがうちのラテン人は足が臭い。

1週間のうち6日は臭い。
他の1日はやや臭い。


このブログの中だけでもすでに鼻毛がヒョッコリでていたり足が臭かったりで散々なラテン人である。


こないだから考えている足クサ川柳により改めてラテン人の足クサメモリーを思い出していた所なのだ。


ある日部屋に入るとなんだか部屋全体に異臭がする。

なんていうか納豆を凝縮して発酵させすぎた上に腐らせちゃったみたいな臭いが・・・・。

な・・なんだこの臭いは・・・部屋全体にいい塩梅で漂うこの山吹色の臭気・・・。

懐かしいようで他人行儀なそれでいて確実に不快感を与えてくれるこの臭い・・・。

かなり高性能な鼻と耳を持つわしはここで早速臭いをかぎつけることに。

くんくんと警察犬のごとく臭いを嗅いでいく。

部屋の床を這い鼻で追いかけたその先には足クサ話をしている事からも分かる通りラテン人が脱ぎ捨てた靴下が蜃気楼のなかで佇んでいたのである。


常にジャスミンの香りをかもし出しているわしの足からは想像できない臭いであった。
(はいごめんなさい


毎回の洗濯時にもわしはラテン人の足クサによってしばらく息を止めて仕分け作業をしなければいけない状況になる。

外に洗濯に行くわしは家でためられた洗濯物を持ち出し用ランドリーバックに移し変える。
その間にしみにスプレーしたり裏返しになったものを戻したりまたはジーパン(今時言う?)を洗う為に裏返したりするのである。


そしてラテン人の靴下も仕分けなければならない。

うちのラテン人は靴下を2重に履く。
臭さも2ば~い2ば~いである。(分かる人は声をからせて言ってください)

そして自分で臭さを自覚しているラテン人はご丁寧に2重に重ねられた靴下を丸めて入れているのである。

これを毎回毎回わしはほぐしそして重ねられた靴下をはずすのである。


前にラテン人の足クサ度のかなり高い時があった。

いつものようにたまった洗濯物を仕分けしてアルマジロのように丸まった足クサ靴下をほぐし終わったらなんとわしの手がしおれていたのである。

なんだか手がカサカサになって艶も失いしわしわになり色も悪く血の気が無くなっていてなんだか一回り程小さくなってしまったのだ。


おそろしい足クサ汚染であった。


その後手を洗いクリームを塗ってケアしたら無事治ったのだがあの時はいくらデューク東郷並みの冷静さをもったわしでもビックリしたのだ。




お互い熟年江戸っ子下町夫婦のように慣れてきたわしらだが臭い、いやいやクサイにはなかなか慣れんわしである。



こないだ1日中スノーブーツを履いていたポン太の足から同じ臭いがした時にはそろそろ腹を決める時がきたのだな(何に)と涙をこらえて思うのであった。


にんにん。


            足クサ探知
              三段腹と足クサは脱ぐまでわからんのさ



スポンサーサイト
プロフィール

マコベス

Author:マコベス
まあそう言わずに。
よってらっしゃい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

リトルジャパニーズ in サンディエゴ

ぽとぐらふ2 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
寄り道